スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちあやや 第90回 「こちあややは永遠に恋する乙女を応援します」



文:今回でこちあややも終了ですね!

早:はい。
  終了が決まる前は本当に波乱の連続でした・・・

文:早苗さんが本格的にメジャーに向けて活動すると決めたり、ルナが海外留学することを決意したり・・・

早:文さんが独占インタビューさせてください!と部屋に押しかけてきたり、
  文さんがお祝いしましょう!とパーティを開催したり、
  文さんがうへへ、もう飲めない!と泥酔したり、
  文さんが気持ち悪い・・・と私のベッドの上で吐いたり、
  文さんg

文:あやや!?
  みみっちいことをいつまでも覚えてたら器の大きい歌手にはなれませんよ!

早:少しは反省してください・・・

文:してますって!
  それはもう早苗さん専属のインタビュアーになってもいいぐらい!

早:私は文さん以外のインタビューしか受けません。

文:酷い。

早:冗談はさておき、これまで東方優駿録を応援してくださった方は、本当にありがとうございます。

文:東方ダービーの存在は、各々に大きな影響を与えたはずです!

早:ここで東方優駿録設立の本当の目的を話しましょうか。

文:あや!?
  なんですかそれ!?
  私聞いてないですよ!?

早:嘘吐かないでください・・・
  つい数日前に私が霊夢さんにメジャーを目指しますと決意した時に、
  東方優駿録設立の真の目的を教えていただいたのですが、私以外の全員が実は知っていたと聞きました。

文:あや、そうだったんですね。

早:サークルの方はご存知だと思いますが、アドバイス等のメールの返信は全て私が担当していました。
  曲の評価等も半分以上は私がしていたんです。
  特に疑問に思わなかったのですが、全てが私の感性を広げるためだったそうです。

文:自分が1番成長するのは教わったときではなく、教えたときですから!

早:単に霊夢さんの気まぐれで始めたのだとばかり・・・

文:あの人は必ず早苗さんをメジャーに連れて行くと決めていたんですよ。
  それまで慢性的に音楽活動をするより、多くの人に教える、多くの曲を知ることを経験して欲しかったようです。

早:元はと言えば、私が霊夢さんに東方ヴォーカルの存在を教えたんですけど、まさかこんな形になっていくとは
  夢にも思いませんでした。

文:ABOUTで早苗さんが霊夢さんに教えたとなってますね。
  早苗さんが東方ヴォーカルを知ったきっかけって何ですか?

早:私自身も友人に紹介してもらったのですが、ある同人サークルで凄いヴォーカルがいるぞと話題になってたんです。

文:あや!

早:それが霊夢さんが1番好きな東方ヴォーカル歌手の陽花さんだったんです。

文:東方優駿録でオススメ付加率100%を誇る生きた伝説です。

早:こんなに魅力溢れる歌声が出せるなんて凄い、私も出せるようになりたいと霊夢さんに相談したら、
  逆に霊夢さんが陽花さんに嵌ってしまったということです。

文:まさかまさかで霊夢さんが発熱してしまったと。

早:その勢いに駆られて東方優駿録を設立したのだとばかり・・・

文:あの人の考えを舐めちゃいけません。

早:ちなみにその時の曲がLotus Loveでした。

文:早苗さんとルナが合唱しながらいつも歌っている曲です。

早:最後の歌詞がすっごく好きですね。
  変わらない願い 咲いた心の花 枯れることはない ずっと愛してる

文:うまい言い回しですよね。
  私もこの部分は好きです。

早:素の歌唱力が凄いんです。
  優れたヴォーカルとは、大ホールで歌声一つで勝負しろと言われても、聴衆を感動させることができる人です。
  いくら声を加工して歌唱力をごまかしても、プロの耳はごまかせません。

文:それじゃ早苗さんと東方ヴォーカルの出会いの話はここまでにして、
  こちあややも最後ですから何か言っておきたいことはありますか?

早:そうですね・・・
  それじゃ最後に女性ヴォーカルに向けてアドバイスを・・・

文:なんでしょうか?

早:魅力ある声を出すためには、自分を愛し人を愛することができないと、絶対に不可能だと教わりました。
  でも最初の頃は意味が分からなかったんです。
  そんなものがなぜ歌唱力を上げるのかと。

文:確かにそうですね。

早:ですが最近になってやっと分かったんです。
  自分が幸福感に満ちていないと、それを人に分け与えることもできないと。

文:歌い手に1番大切なのは精神面だと言う人もいますもんね。

早:今まで声量の低かった歌手が精神教育の徹底で、もの凄く大きな歌唱力を手に入れることもあります。
  逆に心が負けてしまうと、ライブ中にいきなり声がでなくなってしまう歌手さえいるんです。

文:だからと言って、日々のボイストレーニングを疎かにしていいわけじゃないですよ!

早:ですから絶対に幸せになってください。
  幸せになりたいと心の奥底から願えば絶対に幸せになれます。
  幸せに満ちると些細なできごとでも自分は愛されているのだと実感できます。

文:一日が始まった事に幸せを感じ、太陽の大いなる光に自分は世界から愛されていると知ることができます!

早:自分は不幸だと思うと本当に不幸になります。
  思いが現実になるというのは真理です。
  不幸な理由を考えなくていいですし、知る必要もありません。
  全力で幸せを感じてください。

文:起きた直後と寝る直前に必ず幸せを感じる習慣をつけるといいですよ!

早:こちあややは永遠に恋する乙女を応援します!

文:いきなり何を言い出すんですか・・・

早:やっぱり恋する乙女ほど魅力的なものは無いと思うんです。

文:はいはいそうですね。

早:女性は白馬の王子様が迎えに来てくれることを祈っているものです!

文:分かりましたから熱くならないでください。

早:あなたが強く願えば、白馬の王子様は必ずあなたの前に現れます。
  本当に心の奥底から、理想の男性を思い描いてください。
  あなたの願いは必ず届き、王子様をひきつけることができます!

文:ものすごく甘い戯言に聞こえますが、これ、真理です。
  あなたの思いが現実になる。
  理想の男性にめぐり合えるわけが無いと思うと、悲しいことにそれが現実になります。

早:注意していただきたいのは、その時あなたは王子様にとっての理想でなければなりません。
  王子様に求める理想と同じ条件をあなたも持ち合わせていなければなりません。

文:何事も努力無しで手に入れようなんて甘いことは通用しないんですね。
  男性に年収1000万求める!なんていう女性は自分も年収1000万を稼ぐキャリアウーマン、
  もしくはそれに匹敵する何かがある女性じゃないといけません。
  家事、育児はしてくれる人じゃないと・・・という人なら、あなたも男性のサポートをしないといけません。
  自分に不相応な恋愛は成就しません。

早:はい。
  ですが恋する乙女は無敵です。
  どんなに苦しいことでも愛のためならなんだって乗り越えられます!

文:うわ、暑苦しい・・・

早:これが私が最後に言いたかったことですね!

文:あやや・・・
  愛の強さは認めますけど・・・

早:では文さんは何か最後に言っておきたいことはありますか?

文:私ですか。
  そうですね・・・

早:例えばどうすればいつもニヤニヤできる秘訣なんか。

文:ニヤニヤじゃなくてニコニコです!
  ですが、笑顔でいる大切さは知ってほしいですね。
  愛を感じ、自分が幸せでいるなら、それは成功者なんです。
  お金や地位があるだけで幸せを感じていないなら、それは成功者とは言えません。

早:あなたは今、幸せを感じていますか?

文:感じていないというなら、それはあなたの心に問題があるんです。
  上で言いましたが、自分が不幸だと思うことは決してしないでください。
  幸せだと体の奥底から感じでください。
  それだけで、人間関係がうまくいき、上司とも仲良くなり、お金の巡りもよくなるものです。

早:心の持ちようで、あなたの纏うオーラが全く変わってしまうんです。
  それは表情にも出てきますよ。

文:だから笑顔でいましょう!
  あなたに与えられた時間は無限ではありません。
  限られた時間の中で、自分は不幸だと感じることほど悲しいことはありませんよ。

早:すごく文さんがまともなことを言っているので、ちょっとひいてしまいました。

文:最後ぐらい格好つけさせてください。

早:もう言うことはありませんか?

文:あ、じゃあ最後に一つだけ。

早:はい。

文:霊夢さんが1番好きな言葉を暴露します!

早:・・・はい?

文:前に霊夢さんが自分の好きな格言は教えないと言ってて、教えないまま終わるのはどうかと思いまして。

早:後で怒られても知りませんよ・・・

文:最後なんです!
  パァーっと行きましょう!

早:お酒みたいに言わないでください。

文:霊夢さんの好きな言葉なんですが、華の女子高校生時代に担任の教師に言われた事なんだそうです。

早:私も聞いたことがありますね。

文:お金は得ることよりも、使うことの方が何倍も難しい。
  ここに一万円がある。
  これを100円に満たない価値にするか、それとも100万円を超える価値にするかはお前次第だ。

早:決してギャンブルのことを言っている訳じゃありませんよ。

文:自分に投資すればするほど、未来で何倍にも膨れ上がって返ってくる因果応報だそうです。
  ゲームやマンガと言った娯楽に一万円を使って一時幸せになっても、それはやはり一万の価値しかないんです。
  一時の快楽に目を瞑り、未来の幸せの為に自分に投資しなさい、そして努力しなさいということですね!

早:自分への投資が1万円だったとします。
  未来への倍率を上げる手段が自分の努力です。
  それは100倍、10000倍、1000000倍、自分の努力次第でいくらでも上げることができます。

文:若者よ!
  自分に投資するのだ!

早:なんですかその「大志を抱け!」みたいな言い方は・・・

文:いいじゃないですか!
  ではそろそろ時間ですね。

早:はい。
  これが東方優駿録最後の記事となります。

文:私たちも名残惜しいですが、これでお別れですね!

早:別れがあれば出会いもあります。
  雨の日もあれば晴れの日もあります。
  不幸なこともあれば素敵なこともあります。
  失敗もあれば成功もあります。
  必ず、あなたは幸せになれます。
  全力で幸せになる権利があります!

文:人生はたった一度きりです。
  やり直しはききません。
  だから笑顔で行きましょう!

早:では皆さん、またきっとどこかで会いましょう。

文:今まで本当にありがとうございました!

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。