スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊々ム新聞 第77回 「真理」



紫:2013年7月27日、東方優駿録は本日をもって更新を終了します。
  長きに渡り応援していただき、誠にありがとうございました。

霊:ちょっとユーザーの皆さんは急に感じるかもね。

紫:うん。
  でも実は長くても今年一杯までと決めてたのよ。

霊:3年以内と設立当初から取り決めをしてたわ。

紫:じゃあ優駿録を終了する理由を話しましょうか。

霊:そうね。
  まず優駿録をずっとご覧の皆さんは、こちあややの早苗役がインディーズレーベルのヴォーカルだと知ってるわね。
  実は今の今まで私が早苗に対して、メジャーデビューしようとずっと説得していたの。

紫:あの子をインディーズで終わらせるのはあまりにももったいないものね。

霊:早苗も強情でさ、なかなか首を縦に振ってくれなかったのよ。
  でも今回、条件付なんだけどやっとメジャーに進出する気になってくれたの!

紫:霊夢が説得にこんなに苦労したのって始めてじゃないかしら。

霊:苦労したわ・・・
  本格的なメジャーデビューはまだまだ先になるだろうけど、遠くない将来、早苗が日本中を圧巻する日が来るわよ。

紫:まさしく日本の宝だもの。

霊:そして優駿録が終了するもう一つの理由。
  ルナが今年大学生になったのはほとんどの方が知ってるわね。

紫:クォーターの超絶美人よ。

霊:彼女が海外に留学することになったの。
  本人は行くか行かないかでずっと悩んでたんだけど、私が「する」か「しない」かの選択を迫られたら、
  良いことなら絶対に「する」を選びなさいと教えたら、決意してくれたようだわ。

紫:やらない後悔よりもやる後悔よね。
  厄介なのはやらない後悔は後悔として自覚することがほとんどないのよ。

霊:ある偉人がこんな名言を残しているわ。
  「世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗ではない。
   あきらめたときが失敗である。」

紫:みんな子供の頃、自転車に乗れなかったでしょ?
  何度頑張っても足がついてしまって、挫折しそうになっても負けずに努力した結果、
  乗れるようになったはずだわ。

霊:大人になっても同じよ。
  失敗を恐れないで欲しい。
  あなたが今成功したと思っていることの裏側には数多くの失敗があったはずなの。
  だけどそれを失敗だと自覚していないだけでね。
  多くの失敗の上に成功している自分に気付いた時、あなたはどんな困難も乗り越えられるはずだわ。

紫:ちょっと話が逸れたけど、これが終了する主な理由よ。

霊:霊々ム新聞も今日で最後だわ。

紫:最後だから何かしておく?

霊:じゃあ今まであまり話題にならなかった紫の話をしましょうか?

紫:え?私?

霊:そうそう。

紫:私の話なんてしてもつまらないわ~♪

霊:こんな風にふざけたこと言ってるけど、間違いなく優駿録内で1番の・・・
  いえ、世界屈指の実力者よ。

紫:まだまだ私は未熟だわ。

霊:前に日々、精進しなさい、努力しなさい、と言ったけど、
  ほとんどの方が自分は努力していると思ったはずだわ。
  けどそれは視野が狭い。
  自分より上の実力を持つ存在を知らなさ過ぎる。

紫:私は大したことないって。

霊:それは紫が紫より上の存在を知っているからでしょ・・・
  紫が一日にどれだけの努力をしているか簡単に教えるわ。

紫:努力しているって周りからいつも言われるけど、好きでやってるから別に努力してるという感覚は無いけどね。

霊:紫は常に学び続けているの。
  一日に最低一冊の本を読み、心理学、統計学、運命学、コンサルタント、マネジメント、速読、速聴・・・
  コミュニケーション、ジョークやユーモアのセンスを向上させる勉強もしてたわね・・・
  覚えきれないほど、あらゆる分野を網羅しているわ。

紫:どれもこれもちょっとかじった程度よ。

霊:そのちょっとは一般の方にとったら食い尽くしてるに等しいわ・・・
  本を読むだけじゃなく、週一でセミナーに通ってるの。

紫:セミナーって天から地まであるけど、音楽関係は大体一回の参加で5万円ぐらいかしら?

霊:お金があるから出来るんじゃないかと思うかもしれないけど、本当に向上心がある人はお金が無くたって、
  バイト代から捻出して参加してくるものよ。

紫:セミナーはいいわよセミナーは!
  少数の授業みたいなものだから、超一流の音楽家が一人にかける時間が凄く多いの。
  色々学べるわ~♪

霊:あなたは十分に学んでるでしょ・・・

紫:まだまだよ。
  他にもセミナーって利点があってね。
  参加する人が将来有望な人が多いの。
  そういった人たちと人脈を作ることは将来大きな強みとなるわ。

霊:夢を追いかけるために娯楽を捨ててお金を貯めて参加している人が多いものね。
  そしてなぜか紫みたいな、もう学ぶ必要が無いだろうという人までたくさん参加しているのよ。

紫:凄いわよ、本当に。
  名を聞いたら腰が抜けてしまうんじゃないかと思うぐらいの超有名アーティストがセミナーで勉強してるの!

霊:学ぶ大切さを知ってるのね。
  例えばギター演奏者は何をそこまで学ぶ必要があるんだ?と思うかもしれない。
  けれど1度一流のセミナーに参加したらそんなこと言えなくなる。

紫:「誰もが当たり前にできることを、誰もができないレベルにする」
  これが本当の一流のギタリストであり、目標としなければいけないことよ。
  そういった人が「達人」と呼ばれる領域にたどり着けるわ。

霊:誰もが足を使って走ることができるでしょ?
  だけど走ることを極め、走ることに努力し、走ることを諦めなかった人が世界で活躍するランナーになれる。
  音楽だって一緒よ。
  音楽を学び続け、音楽に努力し、音楽を諦めなかった人が世界で有名なアーティストとなれるわ。

紫:私は勉強しすぎだとよく言われるんだけど、まだまだ足りないというのが本音よ。
  小さな本屋にだって人生で読みきれないほどの書物があるわ。
  この世には一生をかけても得ることができない英知があるの。
  それを知ったとき、どれだけ自分が無知で未熟な存在なのかと気付いたの。

霊:「人間は神ではない。全知全能を求めようとすると不幸が始まる」
  完璧な人間だと自分を偽ったりしちゃダメよ。
  誰もがそんなあなたを無理してるということに気付いているわ。
  自分を完璧な人間だと装うことほど惨めで愚かなことはない。

紫:自分を完璧だと偽る究極の方法って「何もしない」なのよ。
  新しいことに何もチャレンジしないということね。
  チャレンジしなければ、失敗もない。
  恥ずかしい思いをしなくて済む。
  けれどそれは本当の失敗というものを知らないのよ。

霊:チャレンジすることが怖い人は上で言った、  
  「世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗ではない。
   あきらめたときが失敗である。」
  を何度も頭の中で唱え続けなさい。
  本当の失敗に比べたら、あなたが恐れている失敗なんて可愛いものよ。

紫:日々、精進ね!

霊:そして一流の人間になりたいなら、捨てる覚悟も必要だわ。
  「何かを捨てる覚悟が無い者は、何も得ることはできない」
  恐らくこれは、皆が頷くと思う。
  けれどほとんどの人が捨てる覚悟を持ち合わせていないの。

紫:霊夢も出会った頃と比べると、色々と変わったわ。

霊:私は本当に自分に大切なもの以外は全て捨てたわ。
  テレビを見ることをやめた、ゲームをすることをやめた、SNSを見ることもやめた。
  今自分の生活の中で本当に必要なものは驚くほど少ないと実感できたわ。

紫:今霊夢が言ったことを、ほとんどの人が捨てることができないでしょ?
  思いの他、捨てる覚悟というものは大きいことに気付けたかしら?

霊:一流の人間は、他の人が娯楽に浸っている間、全て自分を磨くための時間に使っているの。
  努力をする必要のある人間が努力せずに過ごしている。
  努力をする必要のない人間が努力して苦労している。
  以前言ったセリフがよく分かると思うわ。

紫:夢を叶えるには絶え間ない努力が必要なのよ!

霊:そうね。
  夢を追うことを諦めなかった人が夢を叶えることができるわ。

紫:その追い続けることが1番大変なんだけどね。

霊:夢を挫折してしまう1番の理由は、自分よりも上の存在を目の当たりにしてしまった時かしら。
  どんなに努力しても、この人には勝てないと思う存在が生きている限り絶対に会うでしょう。

紫:年上ならまだしも、同世代だとなおさらよね。

霊:夢を追う、諦めないことの大切さはイソップ童話で有名な「うさぎとかめ」で学べるわ。

紫:誰もが知ってる話よね。
  うさぎとかめが競争することになったんだけど、当然うさぎの方が速い。
  うさぎは勝てて当然だと慢心してしまい昼寝をする。
  その間に亀がうさぎを抜いてゴールする話よ。

霊:うさぎが昼寝しなかったら、うさぎが勝ったんじゃないかと思う人が多いでしょう。
  正直それはどっちでもいい。
  うさぎがどうのこうのという問題じゃないの。

紫:どういう意味かしら?

霊:1番大切なのは亀がゴールすることを諦めなかったことよ。
  うさぎとかめと聞くとピンとこないかもしれないけど、実はこれものすごいことなの。
  私達で言えば、人VS車でゴールまで競争しようと言われてるものだわ。
  全員が全員、勝負することすら馬鹿馬鹿しくなって、勝てる訳が無いと競争することすら断るでしょう。

紫:これが自分より上の実力者を見た時に感じてしまう感情ね。

霊:けれど亀は勝負を受け入れた。
  うさぎに勝てるとは元から思っていなかったでしょう。
  ただひたすらにゴールを求めただけなの。

紫:うさぎとかめの童話にこんな努力があると思った人はほとんどいないでしょう。

霊:当然うさぎの方がゴールに早くたどり着ける。
  歌手ならゴールはプロデビューでしょう。
  けれど肝心なのはゴールまででは無く、ゴールした後なの。
  楽をしてゴールしてしまったウサギはゴール後に待ち構えていた困難に立ち向かえなくなってしまうわ。

紫:若くして心が折れるアーティストって多いものね。

霊:早くにしてスポットライトを浴びてしまった人は不幸と言ってしまってもいい。
  実力の伴っていない人にとってそれは耐えられないほどの眩いステージなの。
  だけど亀はうさぎという存在を気にせず、ただひたすらにゴールを求めてそして忍耐強くなった。
  亀は脚光を浴びても、心が折れることなく慢心することもなく、ゴール後も更に歩み続けるでしょう。

紫:それじゃそろそろお別れの時間かしら。

霊:最後の最後なんだから何か言ってよ。

紫:何かって・・・

霊:何でもいいわ。

紫:じゃあ・・・
  私たちが最後にあなた達に贈る「絶対不変の真理」を教えるわ。
  世の成功者の全てがこの真理を頑なに信じているのよ。

霊:様々な哲学書や偉人伝があるけど、全て最終的にたどり着くのはこの真理ね。

紫:「私たちの現在は、すべて私たちがこれまで考えてきたことの結果である。
   これからも私たちは自分たちが考えたようになっていく」

霊:今あなたがいる環境、立場、友人は、全てあなたが考えた通りの結果だわ。

紫:コミュニケーションが苦手だという人は、頭の中で人間関係が上手くいかないことを考えている。
  だからその通り、あなたはコミュニケーションが苦手になるの。
  勉強が苦手なら勉強が苦手だと自分の頭で考えている。
  本気で歌手になりたいと願ったなら本当に歌手になれる。
  全てあなたが考えた通りの結果になるのよ。

霊:考えただけで夢が叶うなら苦労しないと思うでしょ?
  その考える大切さを否定した時点で、夢は叶う訳がないというあなたの考えがそのまま結果になるわ。

紫:成功者は一つの例外も無く、己を信じ続けているの。
  ひたすらに自分を愛し、自分を信じ、夢は叶うと努力しつづけなさい。
  そうすればあなたの夢は絶対叶うわ。

霊:少しでも叶わないんじゃないか、無理じゃないかというネガティブな気持ちを入れちゃダメよ。
  その時点でそのネガティブな思いが現実となって表れてしまうから。

紫:ネガティブな思いを他人にぶつけるのも無しね。
  「悪口は自分を不幸にする呪文」よ。

霊:それじゃ本当にこれでお別れね。

紫:今まで東方優駿録をありがとう!

霊:あなたが挫折しそうになった時、憎悪に囚われた時、夢を半ばで立ち止まってしまった時、
  また私たちの話を聞きにここに帰ってきなさい。
  少しでもあなたの気持ちが救われるはずだわ。

紫:そうなってくれたら幸いね!

霊:もしあなたが本当に一流の音楽家になりたいなら、いずれ私たちと会うこともあるでしょう。
  いえ、必ず私たちと会う日が来る。

紫:音楽に限らず、努力を怠らない素晴らしき人生を送っている人たちとは必ず会う日が来るわ。

霊:その日まで、またいつか。

紫:ごきげんよう!


関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。