スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年度 幻想郷カップA (GII アルバム戦) 結果


2013年度 幻想郷カップA (GII アルバム戦) 結果
2013年度 幻想郷カップA (GII アルバム戦) イベント詳細
投票期間 2013年7月13日(土) ~ 2013年7月24日(水)   結果発表 2013年7月27日(土)

最後の戦い ~ The Derby Project
フィナーレを飾るに相応しい太陽の如く強き花は・・・





2013年度 幻想郷カップA 優勝

Lunar Concerto

ジャンル:ポップ バラード
サークル:発熱巫女~ず



第2位 パライソ

ジャンル:ポップ マルチ
サークル:森羅万象



第3位 Icicle fall

ジャンル:ポップ
サークル:FELT



第4位 徒(いたずら)

ジャンル:ポップ ロック
サークル:凋叶棕



第5位 アノ華咲クヤ

ジャンル:ロック バラード
サークル:幽閉サテライト



第6位 surumeika-

ジャンル:ロック
サークル:岸田教団&THE明星ロケッツ



第7位 TOHO JAZZY VOCAL I

ジャンル:ジャズ
サークル:Swing Of the Dead



第8位 ロープ

ジャンル:ロック
サークル:サリー



第9位 So What?

ジャンル:メタル
サークル:MisteryCircle



第10位 幻想★あ・ら・もーど II

ジャンル:マルチ
サークル:SOUND HOLIC



第11位 Activity Case:02 - Nightmare Counselor -

ジャンル:ポップ
サークル:GET IN THE RING



第12位 夢 -YUME-

ジャンル:マルチ
サークル:SOUND HOLIC



第13位 ROCKIN'ON TOUHOU VOL.2

ジャンル:ロック
サークル:イオシス



第14位 Dancing Dollz

ジャンル:トランス ポップ
サークル:ZYTOKINE



第15位 獣道

ジャンル:ポップロック
サークル:豚乙女



第16位 星さえ掴むこの瞳で

ジャンル:ポップ
サークル:TUMENECO



第17位 REAL WORLD -to the beginning 01-

ジャンル:ロック
サークル:暁Records



第18位 Clair de Lune

ジャンル:ロック
サークル:Pizuya's Cell



第19位 AWAKENING EP

ジャンル:パンクロック
サークル:死際サテライト



第20位 Do not distract the eye in the here and now

ジャンル:ロック
サークル:回路-kairo-




文々。新聞
幻想郷カップA 回顧


画像出展:もちぬ

2013年度 幻想郷カップA 真夏の頂上決戦を制したのは、勢いとどまるところを知らない発熱巫女~ず頒布のLunar Concertoです。
1番オススメ支持率の少ないことが欠点となっていた発熱巫女~ずですが、今回は今までの優勝とは異なり断トツの1位支持率を得ての優勝となりました。
東方ヴォーカル随一とも言えるヴォーカル陣、類稀な技術を持つ演奏者達、そしてそれらを完璧にまとめ上げるTim Vegas。
彼らの時代はまだまだ終わりそうにありません。

第2位はLiz Triangleのkaztora個人サークル「森羅万象」頒布のパライソです。
満遍なく票を集めており、安定した人気を得ています。
前年頒布のあの日の夢のアリスよりインパクトに欠けると感じましたが、それを新しく迎えたランコのパワーで上手く補ったようです。
ランコ、めらみぽっぷ、みぃと今の東方ヴォーカルを代表する面々が名を連ねており、豪華なアルバムとなっております。

第3位はFELT頒布のIcicle fallです。
美歌は再録、Vivienneの新曲不在など、不利な状況だったことはいなめませんが、Hail Stormの圧倒的な存在感が気を吐いて見事3位入賞となりました。
舞花×NAGI☆の人気は今なお高い人気を得ています。
今後の活躍を更に期待したいところです。


※東方優駿録は本イベントを持ちまして更新を終了します。
多くのファン・サークルに支えていただき、僅かな期間で東方ヴォーカル1番の規模を誇るサイトに成長することができました。
今後も東方優駿録は存続させますので、友人に東方ヴォーカルの素晴らしさを伝えたい方は、ぜひ東方優駿録をご紹介ください。
数年経った後にでも、こんなサイトもあったなと思い出してまた来訪していただけたら幸いです。
今日までの長きにわたり東方優駿録を応援していただき、誠にありがとうございました。
それでは、いつかまた。



関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。