スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちあやや 第87回 「ノーレッジ」



文:「週間ファミ通」新作クロスレビュー3機種全てにおいてプラチナ殿堂入り!!
  タイムトラベラーズ!!

早:出だしから何ですか・・・

文:ずっとこのゲーム気になってたんですよ。
  これだけ高い評価されるゲームとはどのようなものなのかと。

早:相変わらず好奇心旺盛ですね。

文:そしてこの前、久しぶりの休みが取れたので、一日で全部クリアしてやる!
  と張り切ったんです!!

早:お、どうでしたか?

文:すっっっっっっごく・・・・!!

早:はい。

文:つまらなかったです。

早:そうですか・・・

文:なんですかこれ、ライトノベル並みの中身の無さです。
  というよりライトノベルです。

早:ゲームなんてそんなものじゃないでしょうか?

文:だとしても、過大評価もいいところです。
  村上春樹もビックリです。

早:有名な方を引き合いに出さないでください・・・
  確かに新作の初動100万部は行きすぎだと思いますけど。

文:せっかくの休みを損した気分です。

早:具体的にどんな感じだったんでしょうか?

文:そうですね・・・
  有名になった物の有名になりえたポイントをつなぎ合わせた感じです。

早:よく分からないのですが・・・

文:女子アナ新人が妊娠してるとかご都合主義すぎます。
  相手がこの世を悲観している無職ホームレス。

早:確かに凄そうな内容ですね・・・

文:シナリオライターに知識が無いです。

早:もうそこまでにしておきましょう・・・

文:ゲームも音楽も何事にもやはり最終的には知識が大切なんです!

早:そうですね。
  知識を得ることで、音楽も、人間関係も、色々なことが向上していきます。

文:知識があると、こんなこと関係あるの?という事柄でさえ、理にかなっていると分かりますよ。

早:例えば、某大企業の社長は毎日10kmマラソンを欠かさないそうです。
  他にもエリート社員と呼ばれる頭の切れる方はトレーニングを欠かさない方が多いんです。

文:これ、知識なんて関係ないと思うかもしれません。
  ですが知識があるからこそトレーニングをしているんです。

早:運動をしない方の大半は時間が無いと言い訳をします。

文:嘆かわしい!

早:人が喋っているのに割り込まないでください・・・
  知識がある方は、時間を無駄にしたくないからこそ運動をするんです。

文:な、なぜですか!?

早:わざとらしいリアクションしないでください・・・
  やりにくくて仕方ありません・・・

文:す、すみません。

早:「運動をする時間がないと言う人は、やがて病気のために時間を失うことになる」
  有名な言葉ですね。

文:歳をとったらの話でしょ?
  と思ったそこのあなた!!
  あなたは既に時間を無駄にしています!

早:運動をしないと何が起きるか?
  慢性的な疲労感、倦怠感、集中力不足、想像力の低下、ストレスの蓄積、
  様々な弊害が起きます。
  10代だろうが20代だろうが全ての世代で共通です。

文:簡単に言えば一日をだらだらと過ごすようになってしまうという訳です。
  だらだらと過ごす一日より、集中している1時間の方が遥かに価値があることは説明しなくても分かりますね!

早:だから知識のある方は運動を欠かさないんです。

文:これをゲーム、小説、音楽の世界で例えてみましょう!

早:創造で作り出すファンタジー世界は、自分の脳内でできるものだと思うかもしれません。
  ですが実際は、今までの自分の経験・知識の中からしか創造というのはできないんです。

文:無から有は作り出せません!
  今あなたが考えた創造も全て、過去の経験が無ければ生まれることもなかったんですよ。

早:膨大な知識の中から適切なものを引き出す能力はセンスが問われますけどね。
 
文:元々の知識が無いと引き出すものも無いということです!

早:前に霊夢さんが言いましたが、知識のない方が書いた小説は学校などを舞台にした小説ばかりです。
  学校生活しか人生経験の中で印象に残っていないのでしょう。
  それしか書くことが出来ないんです。
  創造というものが過去の経験からしか生まれてこないからですね。

文:自分は知識があるように見せかけても、知識がない人は簡単にボロが出てしまうものです。

早:音楽を作る上でも知識は非常に大切です。
  良い音楽を聴いて、売れている音楽も聴いて、マイナーな音楽も聴く。
  アレンジャーにとっては必要最低限のことなのですが、自分の好きなジャンルだけしか聴かない人が多いようです。

文:この前東方サークルの方に簡潔に聞いてまわった結果です。

早:イマイチな曲を聴く事も必ず勉強になります。
  例えばギターが悪いとします。
  そこから何が悪いかを考えてください。
  演奏者か編曲か、それとも機材が悪いかもしれない。
  演奏者が原因なら演奏者の何が悪いか、編曲ならアレンジャーにそもそもギターの知識が足りないのでは無いか。
  色々な考えに結びつきます。
  そして自分ならドラムを強く、ギターを抑えるなど、もっと曲をよくする方法を色々と考えてください。

文:長いので寝ていいですか?

早:あ?

文:マジコワイ。
  真面目モードの早苗さんをからかうのは、命がけのいたずらです。

早:いたずらに命をかけないでください・・・
  そしてもっとよくする方法を色々考えるためには、良い音楽をたくさん聴いてきた知識と経験が不可欠です。
  売れ専の曲にしたいなら、売れている曲を聴かなければ作ることはできません。

文:当たり前のことだと思うかもしれませんが、東方サークルの方はその知識の絶対量が足りていません!

早:今20代の方は学生時代、L'Arc-en-CielやGLAY、宇多田ヒカル、浜崎あゆみが全盛期の頃ですね。
  他にも数多くのアーティストがいましたが、その歌手の全ての曲を網羅していたとしても少ないです。
  そこから洋楽のトップアーティストの曲も最低限知っていて欲しいです。

文:昔は宇多田ヒカルのことを微妙だと思っていたのですが、今聴くと凄い歌唱力の持ち主だと分かりますね。

早:そして今度はイマイチ大成できずに終わってしまったアーティストも知ってほしいです。
  CHARCOAL FILTERは一時期脚光を浴びたのですが、そのまま大成せずに解散したバンドです。

文:いましたね。
  CMソングで有名になったので、バンド名は知らなくても曲は知っていると言う方が多いかもしれません。

早:私、CHARCOAL FILTERのアルバムを友人に聴かせ回っていたのですが、全員が全員良いバンドだね、というんです。
  ですがそれだけだったんです。
  ファンになるという所まではいかない人が多かったです。

文:これが一流の壁を越えられなかったアーティストという事ですね。

早:確かに良い曲です。
  今初めて聴いた人も良い曲だと感じる人が多いと思います。
  ですが知識が足りないからありきたりな曲で魅力を感じないんです。
  技術が足りないから平凡な演奏で魅力が足りなくなってしまうんです。
  ただ経験は多かったので一時期脚光を浴びることができたという事でしょうか。

文:こういった事を踏まえて宇多田ヒカルを改めて聴くと、
  彼女の歌声は魅力の塊だと気付きますよ。

早:何が魅力的なのか、何にリスナーは魅力を感じるのか、それも知識がなければ分かりません。
  トップに立つという方は知識の量が尋常じゃないんです。

文:例えばサッカーや野球の試合でも、上に行けば行くほど情報戦になりますね!
  敵チームの弱点は何かを徹底的に調べ上げ、その弱点を突く。
  情報量で試合を左右するといっても過言じゃありません!

早:オリンピックで頂点に立つ選手は、効率的なトレーニングを調べ上げ、理にかなったことしかしません。
  サポートするスタッフの知識が世界トップじゃないと、選手もトップになれないんです。

文:実は、私が始めに言ったタイムトラベラーズも私の経験上、あまり良いゲームでは無いだろうと予測はしていたんです。

早:・・・・・・

文:なんですかその人を疑う目は・・・

早:負け惜しみにしか聞こえません。

文:違います!
  本当です!!

早:そういうことにしておきますが、なぜ予測がついたんですか?

文:オフィシャルサイトやパッケージ裏のゲーム画面で、
  「キスする」「キスしない」
  という選択場面を紹介しているんです。

早:あ、なんかハズレ臭しかしませんね。

文:ゲーム内容に自信があれば、こんな生理的に訴える場面をわざわざパッケージ裏に載せたりしません。

早:なのに何で買ってしまったんですか?

文:あれですね。
  とりあえず人気になったものはかじるだけでいいからやっておきます。

早:メンバー全員がやっていることですね。
  共通の話題を持つ人が自然と多くなりますし、人付き合いも円滑になります。

文:東方ヴォーカル好きだからと東方ヴォーカルだけしか知らないというのは、後々人付き合いに悪影響が出てしまいますよ!

早:カラオケは皆が知っている曲を歌うというのが鉄則ですからね。
  周りが知らない曲ばかり歌っていると気分が上がらないものです。

文:それでは今日はこれぐらいで終わりにしましょう。

早:夏コミまで丁度あと2ヶ月です。
  サークルの皆さんはそろそろ準備に取り掛かっている頃でしょうか。

文:実は私東方ヴォーカルでずっと疑問に思っていたことがあるのですが。

早:何でしょうか?

文:なんで誰も東方Projectをやったことを書かないのでしょうか?

早:え?
  イマイチ意味が分からないのですが・・・

文:ほら、エアーマンが倒せない的な。

早:・・・何ででしょうね。
  1回だけしかヒットしないとは思いますが。

文:私はお空が倒せない。

早:東方Projectをやった知識とユーモアのセンスが問われますね。
  私達が言ったら、それはそれでやりにくくなると思うのでこれで終わりにしましょう。

文:分かりました!
  では皆さん、また再来週!

早:雨でも憂鬱にならず、元気に行きましょう。


【キューズQ】ハロウィンレミィちゃん & ハロウィンフランちゃん スペシャルパーティーセット【予約:10月発売予定】

【キューズQ】ハロウィンレミィちゃん & ハロウィンフランちゃん スペシャルパーティーセット【予約:10月発売予定】


関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。